関連:がんガン、CSR


がんと一緒に働こう!―必携CSRハンドブック

CSRプロジェクト?

がん経験者が職場で働き続けるコツをまとめたハンドブックだ。

がん患者はなんと3割もが失職に追い込まれるという。そこでがん経験者ら32人が筆者となってできた本。

がん経験者らのグループ「CSR*1プロジェクト」代表の桜井なおみさんは2004年乳がんを発症、復職するも後遺症などで2006年転職を余儀なくされたという。その後、患者仲間らとCSRプロジェクトを結成して解決策を探り始めた。

著者には人事担当や社会保険労務士もおり、働く権利、治療で利用できる休職制度、解雇時の相談先なども盛り込んだ。同僚にどこまで告げるか本では「最初から話しておいた方が互いのため。秘密自分不自由にする」と勧める。

がんと一緒に働こう!―必携CSRハンドブック

 がんと一緒に働こう!―必携CSRハンドブック

  • 第1章 がん患者が知っておきたい働く権利 「悩む前に知ろう」

01 病気になったら仕事を辞めなければならないの?

02 復職したとたんに異動の辞令。なんで?

03 病気を理由に部長職を降ろされた

04 復職後、給料を減らされた

05 病気で休むと言ったら派遣契約を打ち切られた

06 正規雇用と非正規雇用の違いって?

07 退職を勧められた。辞めなければならないの?

08 復職可能かどうかを証明するには?

09 がん治療に関係して利用できる休暇制度を教えて!

10 仕事をしていたらリンパ浮腫に。労災認定される?

11 泣き寝入りしたくない。どんな手続きがあるの?

  • 第2章 企業側の考え方はこう 「遠慮しないで伝えよう」

12 病気のこと、どこまで言えばいい?

13 採用する側は既往歴をどう見ているの?

14 復職したときの不安、対処法を教えて!

15 健康診断は受けないといけないの?

16 診断直後の気持ちの動揺にどう対処する?

17 治療中の心の持ち方は?

18 復職してからの心の持ち方は?

19 病気を知らない同僚とのつきあい方は?

20 働きたい! けど、不安もあって自分わからない

21 がんの診断を受けたけど、保険に入っていない。どうしよう!

22 会社を辞めたら、健康保険は使えなくなるの?

23 高額療養費制度について教えて

24 雇用保険を利用しよう!

25 自分が入っている保険を知っておこう!

26 保険に入れるケース、入れないケース

  • 第5章 体をいたわりながら働こう 「無理はしないで」

27 産業医って知っていますか?

28 産業医にできること、できないこと

29 産業医がいない職場では......

30 働き方について、産業医からのアドバイス

31 再発しても働き続けたいのですが......

  • 第6章 ワーキンググッズ&生活術を大公開 「みんなスゴイ」

32 もうマウスの疲れもへっちゃら!

33 冷や汗をかかずにすむ頻便&軟便対策グッズ

34 体温調節には重ね着が大原則

35 押さないでよっ! 痛勤対策

36 食事は小分け、小分けで

37 直腸なくても仕事はできる

38 工夫しよう! 尿漏れ対策

39 秋・冬なら見せてはいても──弾性ストッキング

40 キレイでいたけりゃエステに行くな!

41 放射線・薬の副作用で眠たくなったとき

42 脱毛期間を楽しむコツ

43 治療中もキレイでいたい!!

44 シートベルトが傷口にあたって痛いとき

45 ストマファッションのススメ

  • オススメグッズ紹介
  • 行政・専門家・患者会への相談窓口
  • 産業保険推進センター一覧 全国47カ所
  • ありがとう、素敵なサバイバーたち!
  • 執筆者紹介
  • CSRプロジェクト紹介

*1:キャンサー・サバイバーズ・リクルーティング


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==

がんと一緒に働こう!の比較
Powered by WordSeed3.02