関連:マイクロソフト、MSオフィス?、ワード、パワポ?、VBAマクロ?、楽天RSS


ショートカットキー

Esc 確定していない値を入力中に削除する

Enter セルの入力を確定して、下のセルに移動します。

Tab セルの入力を確定し、右のセルに移動します。

Delete セル内の文字の削除

Home 行の先頭・セル内の行頭へ移動

Page Up 1画面上へスクロール移動

Page Down 1画面下へスクロール移動

F3 定型句を挿入する

F4 直前の操作を繰り返します。

F5ジャンプ

F6 前のウィンドウ枠またはレイアウト枠へ移動します。

F7 スペルチェック「文章校正」

F8 拡張選択モードのON/OFF の切り替え、方向キーで選択範囲を拡張。

F9 選択したフィールドの更新

F10 メニュー バーをアクティブにする

F11 次のフィールドへ移動する

F12 ファイルに名前を付けて保存

↑↓←→ セルの編集画面ではセルの移動

Ctrlキー操作

Ctrl+1 [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの表示

Ctrl+2 太字の書式設定と解除の切り替え

Ctrl+3 斜体の書式設定と解除の切り替え

Ctrl+4 下線の設定と解除を切り替える

Ctrl+5 取り消し線の設定と解除を切り替える

Ctrl+6 オブジェクトの表示、非表示、位置のみの表示を切り替える。

Ctrl+7 [標準] ツールバーの表示と非表示を切り替える。

Ctrl+9 行(アウトライン)を非表示に。

Ctrl+0 列(アウトライン)を非表示に。

Ctrl+A 全てのセルを選択

Ctrl+B 太字の書式を設定/解除

Ctrl+C 選択されたセルのコピー

Ctrl+D 下方向にコピー (フィル)

Ctrl+F 検索画面を開く(シート内または選択範囲内の検索画面)

Ctrl+G ジャンプ

Ctrl+H 置換画面を開く(シート内または選択範囲内の置換)

Ctrl+I 斜体(イタリック)の書式を設定/解除

Ctrl+K ハイパーリンクを挿入します。

Ctrl+N 新規に作成する

Ctrl+O ファイルを開く

Ctrl+P 印刷をする

Ctrl+R 右方向へコピー(フィル)

Ctrl+S 上書き保存

Ctrl+U 下線の書式を設定/解除します。

Ctrl+V セルを貼り付けます。

Ctrl+X 選択されたセルを切り取ります。

Ctrl+Y 直前の操作を繰り返します。

Ctrl+Z 直前の操作を元に戻します。

Ctrl+; 今日の日付を入力します。

Ctrl+: 現在の時刻を入力します。

Ctrl+- セルを削除します。

Ctrl+「+」:セルを挿入。

Ctrl+^ [指数] 表示形式 (小数点以下の桁数 2) 設定

Ctrl+@ Ctrl+@ [時刻] 表示形式 (h:mm、24 時間表示) 設定

Ctrl+| アクティブ セルと同じ行の選択セルから、アクティブ セルと異なる内容のセルを選択

Ctrl+[ 選択範囲で数式によって直接参照されているセルをすべて選択

Ctrl+F2 選択範囲で数式によって直接参照されているセルをすべて選択

Ctrl+Space 列を選択

Ctrl+「Home」:A1セルへ移動。

Ctrl+「Shift」+「5」:書式をパーセントに。

Ctrl+「Enter」:複数セルに同じデータを一括入力

Ctrl+Page Up 1 つ前のシートを表示

Ctrl+Page Down 1 つ後のシートを表示

Ctrl+↑↓←→ セルの行や列などの端までジャンプする

Shiftキー

Shift+Enter セルの入力を確定し、上のセルに移動します。

Shift+Tab セルの入力を確定し、左のセルに移動します。

Shift+Space 行を選択します。

Shift+↑↓←→ 選択範囲を上、下、左、右に拡張する

Shift+Home 選択範囲を行の先頭まで拡張する

Shift+F1 ポップヒントの表示

Shift+F2 :コメント入力

Shift+F6 ウィンドウを分割している時、前のウィンドウに移動します。

Shift+F8 ADD モードの ON/OFF に切り替え。(ADD モードに設定されていると、ステータス バーに「ADD」と表示され、クリックで同時に選択するセルを追加。ADD モードを解除したい時は、再度 Shift キーを押しながら、F8 キーを押す)

Altキー操作

Alt+Enter セル内で改行・直前の作業の繰り返し

Alt+PageUp 1画面左にスクロール移動

Alt+PageDown 1画面右にスクロール移動

Alt+F4 アプリケーションの終了

Alt+F8 マクロの選択

Alt+Shift+' [書式] メニューの [スタイル] を選択。

Ctrl+Shiftキー操作

Ctrl+Shift+9 非表示にしている行を再表示します。

Ctrl+Shift+0 非表示にしている列を再表示します。

Ctrl+Shift+Home 選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張

Ctrl+Shift+End 選択範囲を入力されている範囲の右下端セルまで拡張

Ctrl+Shift+↑↓←→ 選択しているセルと同じ行や列にあるデータが入力されているセルまで選択範囲を拡張。

Ctrl+Shift++ 空白のセルを挿入。

Ctrl+Shift+* アクティブ セル領域の選択(選択しているセルを含み、空白の行と列で囲まれているデータ領域)。

Ctrl+Shift+[ 選択範囲で数式によって、 直接的または間接的に参照されているセルをすべて選択

Ctrl+Shift+^ [標準] 表示形式を設定。

Ctrl+Shift+$ [通貨] 表示形式 (\-1,234) を設定。

Ctrl+Shift+% [パーセンテージ] 表示形式 (小数点以下の桁数 0) を設定。

Ctrl+Shift+# [日付] 表示形式 (yyyy/m/d) を設定。

Ctrl+Shift+! 桁区切りの表示形式を設定。

Ctrl+Shift+& 外枠の罫線を設定。

Ctrl+Shift+_ すべての罫線の削除



春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==

エクセルの比較
Powered by WordSeed3.02