関連:がんガン治療、検査、医療内科


尿中ジアセチルスペルミン

ガンの早期発見スクリーニング検査に用いる。尿検査?

工学院大学、川喜田教授らが研究している。既存の腫瘍マーカーに勝るとも劣らない検査成績である事が判ってきている。

大腸がん乳がん膵臓がん肺がん・肝細胞がん脳腫瘍などで多くの腫瘍マーカーを凌ぐ、あるいは少なくとも遜色のない陽性率を示す。

年に1度の定期健診に加え、年2-3回の尿中ジアセチルスペルミン検査を行うとガンの早期対策が可能。

検査法:

ELISA法


春の新生活用品特価、価格最大80%OFF
★コトバ★TASKS今日は何の日停電対策 Error : RSSが取得できませんでした。 ==

尿中ジアセチルスペルミンの比較
Powered by WordSeed3.02